「メリット ピュアン アクティヴ&アクティブ&スマイル」はコーティング成分入りノンシリコンシャンプー

「メリット ピュアン アクティヴ&アクティブ&スマイル」はコーティング成分入りノンシリコンシャンプー

 

ノンシリコンシャンプーの特徴

ノンシリコンシャンプーとはシリコンが配合されていないシャンプーをします。
シリコン入りシャンプーは髪の毛をコーティングする役割をもっていますので、ブラッシングをするときの摩擦から髪の毛を守り、つややかさを保持することができます。
成分表示にはメチコン、ジメチコン、シクロメチコン、シロキサン、シリコーン、シランという表示がされています。
デメリットもあります。
シリコンで毛穴がふさがれたり、また、頭皮に対する刺激性などがみられたりする時もあるので、体調がすぐれない時や、産後などはノンシリコンを選ぶ方が多くおられます。
ノンシリコンは「ノンシリコン」と表示されています。
シリコンのようにコーティング力がない分、毛髪に対するダメージを受けやすいです。
キューティクルがはがれやすくなったり、また、髪の毛を手ぐしでといたりするときしみを感じたりすることがあります。
ただ、頭皮のダメージがあったり、かさぶたなどの皮膚トラブルを持っていたりするときはシリコン製を使用できないのでノンシリコンを選ぶ必要があります。
また抜け毛などのトラブルのときにはノンシリコンシャンプーは必須になってきます。
ノンシリコンシャンプーを使用するときには、コンディショナーやトリートメントで髪の毛の補修などを考える必要があります。

 

メリット ピュアン アクティブ&スマイル

外観はとてもかわいいパッケージです。
ノンシリコンシャンプーとして販売されていますが、髪の毛のコーティング成分は配合されていますので、ノンシリコンシャンプーの特徴ともいえるきしみに対する対策はとられています。
ただし、今まで使用してきたシリコンシャンプーのように髪の毛をシリコンで覆うような方法ではないので、シリコンシャンプーで感じるような櫛通りは期待できません。
サラサラ使用感は感じることができます。
サラサラ使用感のための成分は使用しすぎると頭皮を痛める可能性もあります。
現在、頭毛のダメージで悩んでいる方は慎重に使用されることをお勧めいたします。

 

メリット ピュアン アクティブ&スマイルは、シャンプーとしてはクレイズシャンプーとして売りだしています。
そしてコンディショナーは清涼感のある香りを宣伝しています。
クレイズシャンプーとは汚れを落とすことを主流に考えられていますので、汚れ落ちはかなり良いようです。
口コミでは落ちすぎてしまうという意見も目立ちます。
メリット ピュアン アクティブ&スマイルはポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム塩を使用しているので、泡立ちはよいのですが、必要な油脂まで洗い流してしまいます。
製品の安定のためにエタノールが使用されているのですが、エタノールは頭皮への刺激が強く、頭皮の乾燥を助長させてしまいます。
頭皮への浸透はラウリル硫酸塩よりも低いのですが、肌の弱い人などは使い続けていると頭毛質の悪化も注意する必要があります。
ピュアン アクティブ&スマイルは口コミでは頭皮が乾燥し、最低限必要な皮脂まで洗い流されてしまうとの口コミも目立ちます。
地肌の弱い方だと、かゆみが出たり、フケが出たりする可能性もあります。
成分の中に炎症を抑えるためにグリチルリチン酸2Kという高価な成分が配分されています。
しかし洗浄力とメインに成分配合がしているので少々の炎症成分が配合されていても気休めにしかなりません。
また、疎水性もかけているのでシャンプー後の頭毛の乾燥にも時間がかかるとの意見もあります。
油脂が荒い流される分、ドライヤー後の髪の毛はふさふさ軽い感じに仕上がります。

 

 

反対にピュアン アクティブ&スマイルの使用感をとても好んでいる人達もおられます。
頭皮は決して乾燥肌ばかりではありません。
頭皮が油っぽく何度洗っても髪の毛のべたつきが気になる方もおられます。
特に女性はべたつきの多い髪の毛は困ります。
ドライヤーでかわいくセットしても、ボリュームが出てこずに、自分の気に入った髪型に近づかない人もいます。
カットサロンで伺ったことがありますが、カットは彫刻のようなもので、その人の頭の形や毛質でカットの角度などをきめます。
カットサロンでその時は思い通りの髪型になっても、脂性の方はそれを持続させるためのシャンプーは重要になります。
その点でクレイズシャンプーは効果を発揮します。
また、スポーツなどをする人はこの使用感に対して高評価を占めています。
泡立ちがよく、シャンプーの洗い流しもよいので、洗い流し後のぬるぬる感はないようです。
ピュアン アクティブ&スマイルは脂質性の髪の毛と頭皮をさっぱりしたい人には最適なシャンプーです。

 

また、乾燥肌の人も脂性肌のひとにも高評価な事柄は香りです。
ワイルドローズ&クローバーの香りが特徴です。
洗浄しているときにも良い香りでアロマ効果があります。
また、この香りは持続性があります。
成分としてはベンジルアルコールが使用されています。
これは芳香族アルコールです。
またブチレングリコールが使用されています。
皮膚に潤いを持たせたり、製品の安定剤としても使用されます。
その他香りづけなどの成分が使用されています。
使用感としては1日香りがつづくので、女性にとっては動くたびにほのかな香りがただよい、ほのかな香水の代わりにもなります。
コンディショナーとご一緒に使用されることをお勧めいたします。

 

メリットというと昔から緑色のボトルで販売され、シャンプー購入時の選択肢の一つでした。
いろいろな新製品が出る中でも、生き残り続けたことも評価していきたいものです。
多くの使用感の中で言われていることはメリットを使用すると汚れは落ちるが、ふけが目立つということも事実でした。
本当に汚れはよく落ちていた印象があります。
昔は今ほどにサラサラ感などを主張しませんでしたので、少々髪の毛がきしんでいても汚れが落ちていたらいいという時代もありました。
汚れが落ちるのになぜ、ふけが目立つのかそのころはわからなかったのですが、頭皮の油脂がとられて、乾燥し、ふけが出ることを学びました。
製品として花王は改良をくわえているようですが、洗浄力が強い成分を加えると刺激性も高くなります。
地肌と頭毛と同じ弱酸性を主張していますが、使用感は頭皮までごしごし洗うには問題があるという口コミも目立ちます。
髪の毛の汚れが目立つ日に頭皮には触れないように使用するか、たまに使用するには問題ないないとの口コミも見られます。
花王も洗浄力以外の部分は低刺激性を強調し、そのような成分を配合しているようです。

 

どのシャンプーを選ぶかは、ご自身の頭毛の毛質を知るところから始まります。
抜け毛や頭皮のダメージが多い人やまた、体調やあるいは年齢で頭毛の質は変化してきます。
若い頃は脂性だったけれど、高齢になるとかさつきがみられ、髪の毛のボリュームも変わってきたという声も聴きます。
そのように弱った時に洗浄力は必要ありません。
むしろ、適度に油脂を残してやらなければなりません。
ノンシリコンであるということで刺激性は軽減するのですが、洗浄力で刺激になって、抜け毛が増えるのは避けたいものです。
反対に若い方や元気な方は洗浄力もあり香りも続くこの製品は最適です。
毎日使うシャンプーです。
どうしても値段や容器の可愛さで選んでしまう傾向があります。
ロングヘヤ?の子供さんをもつご家庭では、あっという間にシャンプーはなくなります。

 

値段は重要な課題です。
されどシャンプーです。
頭皮に直接かかわる製品ですので、ご自身にあった製品の選択をしてください。

 

ノンシリコンでもきしまないシャンプー「kurokamiスカルプ」