40代にもルミニーク ダメージリペアは向いているの?口コミや評判

40代にもルミニーク ダメージリペアは向いているの?

 

ノンシリコンでもきしまないシャンプー「kurokamiスカルプ」

 

ラックスルミニーク ダメージリペアは刺激が強すぎるかも

 

40代ともなると髪や地肌は若い頃と違ってきます。

 

若い頃には平気だった刺激も、40代ともなると大きなダメージとなることがあるのです。

 

そこでルミニーク ダメージリペアのメリットとデメリットを調べてみました。

 

会社が公表している説明では、ノンシリコンであったり、オーガニック成分を配合していたりと素敵な配慮が目立ちます。

 

しかし、成分まで調べてみると、ルミニーク ダメージリペアの中には、髪や地肌に使うには強すぎるものがあることがわかりました。

 

これは大きなデメリットです。

 

どんなにメリットがあっても、刺激が強くては髪や地肌の質は向上しません。

 

では、なにがそんなに刺激が強いかも含めて、ルミニーク ダメージリペアのメリットとデメリットについて詳しく見てみましょう。

 

 

ラックス ルミニーク ダメージリペアのすすいだとのきしみは?

 

ルミニーク ダメージリペアはノンシリコンでも髪がきしまないように泡立ちを良くして、クリーミーな泡が摩擦を軽減するように作られています。

 

髪がきしむと摩擦で髪どうしが擦れ、痛みの原因となるので、これはとても良いメリットです。

 

ただ、口コミを調べてみると、多くの人は洗い上がりがいいと答えていますが、中にはきしむと感じる人もいるようです。

 

これは、ルミニーク ダメージリペアはクリーミーな泡できしみを軽減しているため、きちんと泡立ててから使用しないときしみを軽減できないことも一因です。

 

正しい洗い方をしないときしみを軽減できないというのはデメリットですね。

 

しっかり泡立てる前に髪につけてしまうようなせっかちな人にはルミニーク ダメージリペアは向いていません。

 

また、きしまないけれどパサつくというデメリットをあげる人も見られました。

 

ルミニーク ダメージリペアにはアルガンオイルやダマスクバラ花エキスなど髪質を高める成分が入っているのがメリットなのですが、なぜパサついてしまうのでしょう。

 

それはルミニーク ダメージリペアの洗浄能力に問題があるからです。

 

では、今度は洗浄能力のメリットとデメリットについて調べてみました。

 

 

ラックス ルミニーク ダメージリペアの洗浄能力は?

 

ルミニーク ダメージリペアはノンシリコンなのにしっかり洗えるのがメリットという人もいますが、じつはこれ諸刃の剣のようなものです。

 

ルミニーク ダメージリペアで一番たくさん配合されているのはラウレス硫酸Naという成分で、これは洗浄力が強すぎることで有名です。

 

しっかり洗うことはできますが、ラウレス硫酸Naは強力すぎて頭皮や髪にダメージを与えてしまうというデメリットがあるため、最近の高価なシャンプーでは採用されなくなってきている成分です。

 

髪がぱさつくという意見があったのは、髪や頭皮に必要な油脂まで取り除いてしまったから。

 

強すぎる洗浄力を緩和するために、洗浄能力が低いコカミドプロピルベタインも多く配合しているところは評価できますが、そんなことをするくらいなら最初からラウレス硫酸Naは入れないでほしかったです。

 

脂性の人だとすっきり洗えることはメリットだと考える人もいますが、じつは強すぎる洗浄力のせいでかえって皮脂が過剰分泌してしまうことがあります。

 

脂性の人ほど強い洗浄能力のシャンプーには気をつける必要があるのです。

 

脂性の人にも、乾燥しがちな人にもラウレス硫酸Naが入っているシャンプーはデメリットです。

 

そこでふとあることを思い出した人もいるでしょう。

 

そもそもルミニーク ダメージリペアは、ルミニークシリーズの中でもダメージ補修に特化したシャンプーです。

 

洗浄力が強くても、ダメージ補修能力が強ければ髪は傷まないのでは、と思いますよね。

 

では、今度はダメージ補修能力のメリットとデメリットを見てみましょう。

 

 

ラックス ルミニーク ダメージリペアのダメージ補修能力は?

 

ルミニーク ダメージリペアはダメージを補修するとのことですが、残念ながらそんな効果のある成分は配合されていません。

 

髪に良い成分はいくつか入っていますが、それらは髪質をよくするもので、傷んでしまったキューティクルを元に戻す効果はないのです。

 

ダメージリペアなんて名前をつけているのに、修復ができないというのはこれ以上ないデメリットです。

 

もちろん修復効果がないので、強すぎる洗浄力で受けたダメージも回復はできません。

 

ルミニーク ダメージリペアを使用後に髪がしっとりまとまるのは、ダメージが補修されたからではなく、髪や頭皮の水分や油分が、シャンプーに入っていた成分によって補われたからです。

 

とはいえ、ルミニーク ダメージリペアが配合している成分は貴重で髪質改善能力が高いものがいくつかあり、それらをそれほど高くない値段で使えるのはメリットです。

 

アルガニアスピノサ核油というのは、いま話題のアルガンオイルのことで、一本の木から1リットルしか取れないほど貴重で、保湿に優れ抗酸化作用もあります。

 

バラの中でも最高級の香りと言われているダマスクバラ花エキスのおかげで、すばらしい香りを楽しめるのもメリットです。

 

とはいえ、やはり総合的にメリットとデメリットを比較してみると、ルミニーク ダメージリペアはおすすめできる製品ではありません。

 

ダメージを補修しているつもりで、ダメージを蓄積してしまうデメリットがあることは忘れないほうがいいでしょう。

 

 

ラックス ルミニーク ダメージリペアの香り中毒になっている人が多い

 

ルミニーク ダメージリペアをリピートしている人に何のメリットで継続しているのか理由を尋ねてみると、とくに多いのが、香りが良いからというものです。

 

ローズは女性に人気ですが、その中でもダマスカスローズの香りは格別と感じる人が多いのです。

 

実際リピーターの人でも、ダメージ補修効果などのメリットは感じていないけど、香りが好きすぎるから使っているという人が多いのが現状となっています。

 

つまりルミニーク ダメージリペアの最大のメリットは香りということですね。

 

とはいえ、好きな香りをまとえるからといって、デメリットの髪や頭皮への刺激が強すぎるという点を見過ごすのはよくありません。

 

まして、40代ともなると、髪や頭皮は若い頃よりもどうしても弱ってきているので、デメリットで受けるダメージはさらに大きくなります。

 

40代だからこそ、デメリットができるだけ少なく、髪や地肌を労わってくれるシャンプーを選びましょう。

 

ノンシリコンでもきしまないシャンプー「kurokamiスカルプ」