kurokamiスカルプとダイアン オイルシャンプー ボタニカルモイストを使って感じた違い

kurokamiスカルプとダイアン オイルシャンプー ボタニカルモイストを使って感じた違い

 

定期的に白髪染めをするようになってから、髪の毛がパサつき始めました。しっとりとした髪に改善したいと思い、口コミで評判の良いkurokamiスカルプとオイルが配合されて保湿力が高そうなダイアン オイルシャンプー ボタニカルモイストを使い比べてみました。価格帯も異なる2つのシャンプーですが、どのような違いがあるのかご報告します。

 

ノンシリコンでもきしまないシャンプー「kurokamiスカルプ」

 

洗い上りのしっとり感は?

 

kurokamiスカルプはコンディショナーが必要ないシャンプーということで、ノンシリコンなのに本当にきしまないのかなと半信半疑でした。しかし泡立ちも良く、髪を洗っている時にギシギシした感触もなくスムーズな指通りに驚きました。いつもならドライヤーで乾かした時に毛先がパサパサしてしまうのに、しっとりと落ち着いているのです。1回洗っただけで、このシャンプーは何かが違うと実感できました。

 

ダイアン オイルシャンプー ボタニカルモイストはオイルシャンプーなので、しっとりを通り越してべたついてしまわないかなと心配でしたが、洗い上りはサラサラでべたつきはなく安心しました。もう少し潤ってくれたほうがいいのにという洗い上りです。泡立ちも良く洗いやすかったですが、しっとり度は断然kurokamiスカルプが勝りました。

 

その秘密は2つのシャンプーの洗浄剤の違いにあるようで、kurokamiスカルプはマイルドな洗浄力で保湿力の高いアミノ酸系洗浄剤のココイルグルタミン酸TEAをメインとしており、ダイアン オイルシャンプー ボタニカルモイストはオイルシャンプーは洗浄力の高いスルホコハク酸(C12-14)パレス-2Naがメインとなっています。

 

ココイルグルタミン酸TEAはコラーゲンの塊を原料とした洗浄剤で、髪を補修する働きもあります。そのため、優しく洗いながら髪をしっとり仕上げてくれるのです。一方スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Naは一般的な市販のシャンプーに良く配合されている洗浄剤で、低刺激ではありますがしっとり感はあまり期待できません。価格帯も違うので、ダイアン オイルシャンプー ボタニカルモイストはオイルシャンプーの洗浄剤のグレードが劣るのは仕方ないですよね。

 

ノンシリコンでもきしまないシャンプー「kurokamiスカルプ」

 

 

それぞれの特徴は?

 

kurokamiスカルプは、高級な育毛剤などに配合されている高価な成分が高濃度で配合されているのが特徴です。特筆すべき成分としてはヘマチン、キャピシル、リンゴ果実培養細胞エキスなどがあり、洗いながら育毛や頭皮のアンチエイジングなども行えます。

 

kurokamiスカルプを1本使い切る頃には、髪1本1本が弾力をおびた張りのある手触りになり、まとまりやすくなっていました。うねりが改善し、乾かすだけで艶やかなストレートヘアになれるのです。
あと、無添加にもこだわっているのが特徴で、シリコンや合成ポリマーなど、10の無添加を実現した髪の健康を第一に考えられています。

 

ダイアン オイルシャンプー ボタニカルモイストは、アルガン油由来の洗浄成分やマンゴー種子油、バオバブ種子油などボタニカルオイルやエキスが多数配合されているのが特徴です。保湿効果や被膜効果で滑らかな髪に仕上がりが期待できますが、配合量が少ないためそこまでしっとり感は得られません。

 

頭皮がべたつきやすい人には向いているかもしれませんが、髪がパサついてフケも出やすい私には潤いが少し足りないようです。

 

それぞれ異なる特徴を持つシャンプーですが、育毛効果やアンチエイジングなど、加齢によって頭皮に衰えを感じている私には、kurokamiスカルプの方がありがたい特徴がたくさん組み込まれています。

 

ノンシリコンでもきしまないシャンプー「kurokamiスカルプ」

 

 

価格面での違いは?

 

シャンプーは毎日使うものなので、価格は安い方が嬉しいですよね。kurokamiスカルプは質の高い成分が配合されているだけあり、価格も高く設定されています。400mlで4000円程となっており、市販のシャンプーを使い慣れていた私は、最初に買う時は勇気がいりました。

 

しかし使ってみると値段以上の満足度があり、これからも買い続けていきたいと思えるシャンプーでした。また、定期便で購入すると1本あたり3000円以下で買えるので、これからは定期便で購入しようと思います。

 

ダイアン オイルシャンプー ボタニカルモイストの価格は450mlで1000円程となっており、市販の少し高めのシャンプーと同じぐらいの価格設定です。値段に見合う効果は十分に感じられたので、お手ごろな値段で低刺激のシャンプーが欲しい人におすすめできます。

 

価格が異なるため、違うリーグの商品を比べているようで甲乙がつけにくいですが、それぞれ値段に見合った良い特性を持ったシャンプーだと思いました。

 

ノンシリコンでもきしまないシャンプー「kurokamiスカルプ」

 

 

安さで選ぶか質で選ぶか

 

kurokamiスカルプとダイアン オイルシャンプー ボタニカルモイストの違いは、値段と成分という言葉につきます。少々高いお金を払ってもいいから髪の毛を労わりながらケアできるシャンプーを使いたいのか、お手頃な値段でそれなりの効果が期待できる低刺激のシャンプーを使いたいのか、好みに合わせて選ぶのが良いでしょう。

 

ノンシリコンでもきしまないシャンプー「kurokamiスカルプ」